【書の鑑賞】鑑賞するために必要な要素

目次はこちら>>

重要な大前提

さて、では、鑑賞するために必要なものって何だと思いますか?

「はじめに」の2つの投稿をすでに読んだ方には愚問でしたでしょうか。

鑑賞をするために必要なこと、というものはありません。

観て好きか嫌いか、それだけでもう鑑賞なのです。

ただ、鑑賞をするうえで役に立つことはあります。

それは、例えば審査の際に、審査員の先生方が何を見ているのかということです。

もちろん何もかも好みで決められているわけではありませんから

見るポイントというのがいくつかあるのです。

それは、文字の形、コントラスト、線質です。

これは書写であっても創作作品であっても変わりません。

これに書写の場合は「学習指導要領に定められた書き方」というのが

追加されるだけのことです。

書写は基礎ですので、基本的な形の取り方や筆の使い方ができているかどうかは

ベースとして審査の対象となります。

そういう目線で作品を観ていくと、

また新たな発見があるかもしれません。