【書の鑑賞】まとめ

目次はこちら>>

さいごに

書写にしても、書道にしても、

「必ずこれこそが正義!」という形が決められているわけではありません。

したがって、自分の感性や好みによるところも多くあります。

書写用のお手本を書いている時は

なるべくマイナスポイントがないように、

癖が強く出ないように気を付けて書きますが

自分の作品として仕上げる場合には

自分なりのリズムや癖があって当然だし、

その中にある美しさを大切にしてほしいと思います。

筆遣いについてだけは、

特に線の出し方等練習をしなくては出ない部分が多いので

そこには日ごろの練習がダイレクトに出ます。

ただ勢いがあるだけの線や

形にばかりとらわれてしまった線と

筆と自分が一体化して書いた線の間には

天と地ほどの差があります。

何をどう見て良いかわからない時には、

白い紙の中にある黒の部分がとても素敵だとか、

このかすれ方にはなんだか魅力を感じるといった

文字出ない部分にも注目してみると楽しくなると思います。

書の善し悪しが人それぞれであるように、

観る側だって人それぞれ、

それぞれが楽しめたらそれが一番だと思います。

皆様の書道の鑑賞がより充実したものになりますように。

>>はじめにもどる

>>トップページに戻る

【書の鑑賞】4.線を引くということ③

目次はこちら>>

2度書き

習字をするとき、

二度書きはあきまへんで~、という話はよく聞きます。

結局何がいけないかっていう話なんですけれども、

私の個人的見解としては、理由は二つあると思っています。

一つは、「そういうもの」という側面です。

ルールというと分かりやすいかもしれません。

例えば、野球をしていてボークになったとします。

ボークってなんでいけないの?と聞かれたら

「ルールだから」ということになるのではないでしょうか。

みんなが同じルールに則って競技を行うからこそ競技として公平性が保たれるのであって

そのルールを軽視するということは競技そのものを軽視することにつながりかねません。

二つ目は、前々回①でお話しした線質です。

書と絵の決定的な違いである「線」を重要視するという点において、

二度書きは絵の具で塗ることと同義となり、どうしても線質が劣ります。

一度で書いた力のこもった線には勝てません。

そうであれば、最初から一度で書けるように鍛錬しておくことが必要です。

ですから、二度書きはいけない、というルールになったのではないかと考えています。

最後の払いの先が綺麗にまとまらなくて「あー塗りたい!」と思う経験は

誰にでもあることです。

やりたい気持ちは経験者ならみんな理解できます。

だからといってやっていいわけじゃないので、

結論、日々の鍛錬が大切だということですね。

>>続き『【書の鑑賞】まとめ』

【書の鑑賞】4.線を引くということ②

目次はこちら>>

かすれ

書写をするときには特に、

かすれをダメだと思う人が多いように感じます。

もちろんただ単に墨の量の調節がうまくいっていないだけの

乾いたかすれはあまり美しくないですよね。

しかし、力のこもった墨量のある線のかすれについては

美しいと感じる線があることも事実だと思います。

で、結局どのあたりが見分けるポイントになるかというと、

筆先の方に墨が残っているかどうか、だと思います。

線を引くとき、力の入った線は、筆先がだいたい線のどちらかの端を通ります。

横画の場合は上側、縦画の場合は左側であることがほとんどです。

その筆先側に墨が残っている線には力があると感じます。

次回どこかで書作品を観る機会があれば確認してみてほしいのですが

筆の腹側だけがかすれている線のかすれからは、

躍動感と空気感、そして立体感を感じるはずです。

かすれはダメなわけではありません。

良いかすれを出せばいいだけなんです。(そこが難しいんですけど)

>>続き『【書の鑑賞】4.線を引くということ③』

【書の鑑賞】4.線を引くということ①

目次はこちら>>

線質

絵と書の決定的な違いの一つが「線」だと思います。

線自体が生きているかどうか、ということが

書作品を書くうえではとても大切です。

筆を持ってただひいた線と、

力を込めて書いた線では同じ太さ、同じ長さだとしても全く違って見えます。

それは「プロが見たら」という前提がなくても

誰が見ても同じように全く違って見えるはずです。

書写においては「斜めにおさえる」という点を重要だと教えますけれども、

形はそれできれいに見えたとしても、

その斜めに押さえた線自体に力がなければ

それはただの形にすぎず、線が生きていません。

線を生き生きさせるというのは、

単にスピードを出して勢いをつければ良いということでもありません。

ゆっくりと書いていても力のこもった線は書けますし、

勢いだけに頼っていない分、線に深み、厚みが出ます。

線の厚みというのは説明するのが難しいのですが、

筆を立てて書いているか寝かせて書いているかというだけでも

見た感じがちょっと違ってくるのでぜひ試してみてもらいたいと思います。

このように、線の質というのは書作品を作るうえでとても大切なものです。

日頃どれだけ練習を積んでいるか、

これまでどれだけ積んできたかが出やすいところでもあります。

だからこそ、日々の練習においては

形だけを追うのではなく線にまで気を配ってもらいたいと思っています。

>>続き『【書の鑑賞】4.線を引くということ②』

会員ログインページのIDとパスワードを変更しました☆

カテゴリー: お知らせ

投稿日:EDIT”会員ログインページのIDとパスワードを変更しました☆”

会員ログインページのIDとパスワードを変更しました☆

お手元に5月号が届いておりますでしょうか??

会員ログインページのIDとパスワードを

5月号のものに変更しました!

ログインはこちらから↓

【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱④

目次はこちら>>

昔、ある書道の展覧会に行ったとき、

外国の方の作品の落款が青かったんです。

で、私はそれを見て、青という選択肢に驚いたんです。

私は消しゴムはんこなどを作成するのが好きなので

スタンプ台は茶色や青など色を使っていたのですが

書作品の落款で朱以外の色を使うことを疑問にすら思いませんでした。

ただ、個人的にはやはり朱い色の方が好きだなと思いましたので

カラフルな落款についてはチャレンジすることはないと思います。

印泥の色が赤であるのは、

もともとが血が使われていたからだとか、

赤という色が縁起が良かったからだとか諸説あります。

個人的にはその青い落款を観て

モノクロの世界に赤の色は想像以上に映える色なのだと感じましたし、

もしほかの色があったとしても、

現在までに淘汰されたんじゃないかと思うくらい朱の色はきれいです。

ところで朱肉の色は、一つではないことはご存じでしょうか。

有名なのは「光明」(こうみょう)、「美麗」(びれい)で、

あと「箭鏃」(せんぞく)というのもあります。

光明は、わりとハッキリした明るい朱色です。

美麗は、どちらかというと深い紅色という感じで、

箭鏃は少し黄色がかった朱色という感じの色です。

お好みですのでどれが良いとか悪いとかいうことではありませんが、

作品のイメージに合わせて選ぶと良いと思います。

また、印には「朱印(朱文)」と「白印(白文)」との二種類があります。

朱印は文字が朱く残るように周りを彫った印のことで、

白印は逆に文字を彫り白い文字として作った印のことです。

見た目でいうと白印の方が赤っぽいので妙ですよね笑

あ、そうそう。

それと、条幅作品の場合、印は基本3か所に押します。

作品の初めの部分と、

名前の後に二つの計3か所です。

作品のはじめのところに押す印は

「関防印」とか「引主印」と呼ばれます。

だいたい縁起の良い文字を彫っている長方形の印です。

名前の後に押す印は、名前の印です。

白印、朱印の順番に上下に押します。

白印の方には氏名または苗字、朱印の方には雅号を彫っている場合が多いと思います。

これは正方形が多いですが、楕円形や竹を切った形など

必ずしも正方形というわけではありません。

そういえば、昔の有名な書において

やたらと印を押しまくっているのがありますよね。

あれは蔵書印といって

今でも図書館の本の背表紙のあたりに図書館のハンコが押してあることがありますが

あれと同じようなものです。

「私が手にしました!」という一種のステータスのようなものでしょう。

今の本のように大量生産できないので

たった一つしかない宝物を自分はもつことができたのだ、という

ひとつの証拠としておしているものだと思われます。

いろいろ話しましたが落款って面白いですよね。

印を彫るのも楽しいです。

石は書道用品店へ行けば数百円で手に入りますし、

印刀がなければ昔使った彫刻刀で十分ですので

自分の印を作ってみるのはおすすめです。

無心になれますよ^^

>>続き『【書の鑑賞】4.線を引くということ①』

【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱③

目次はこちら>>

墨汁が普及してからだいぶ経ちました。

私が子供のころにはもう墨汁が主流でしたが、

自宅にはまだ練り墨や固形がたくさんありました。

固形の墨はまだまだ使いますが練り墨って本当に減りましたよね。

存在を知らない人も多そうな気がします。

墨汁を見て育った人は、「墨は黒い」という認識です。

もちろん墨は黒いんですよ。

材料は、煤、膠、香料です。

にかわを使うので香料は必須です。

墨を作る季節の奈良県では、今でもけっこうにおいがします。

今は本当にいろいろな墨があり、

色がついているだけでなくメタリック墨など変わったものも存在しますが、

昔は、墨は松煙墨と油煙墨とに分けられていました。

松煙墨のほうは「青墨」といって、少し青みがかっていて、

油煙墨のほうは茶色が混ざったような色です。

墨汁のように濃くしてしまってはよくわかりませんが、

少し薄いとすぐにわかります。

その色の違いで、印象が変わります。

色だけではありません。

墨の濃さも印象を変える一つの要因になります。

いわゆる「濃墨」と「淡墨」ですね。

これは水墨画を描くときにも用いられますが

書においても濃淡を使って作品を作ることがあります。

濃いと重い印象を受け、薄いと軽い印象になります。

また、たっぷりと墨を含ませるか、

カサカサとさせるかによっても印象は異なります。

表現者の意図がそこに現れます。

例えば、あなたが作品で「巌」という字を書くとして、

どんな墨を使いますか?

どんな場所にある、どのくらいの大きさの巌をイメージしましょうか。

それによって、選択していけば良いのです。

そして受け手は出来上がったものを見て、自由に想像するのです。

この巌は大きいなあ、とか、年代物っぽいなあ、とか

自由な発想で自由に想像しながら鑑賞すれば良いです。

書写の作品において墨は、基本的に黒です。

ただ、その黒い墨をどのくらい筆に含ませれば

自分にとってちょうど良い墨の量になるのか、

あるいは一文字を墨つぎなしで書ききるには

筆のどの部分にどの程度墨を付ければ良いのかを練習します。

筆の先だけに墨を付けても一文字は持ちません。

根本だけに墨を付けると一画目の筆先には墨がありません。

ボトボトにつけると滲んでしまいます。

試行錯誤しながら、墨を調節して書きます。

墨をつけ直しているところはあとで観るとわかります。

調節が上手な作品は、練習量が多い可能性がとても高いです。

そういった点も、鑑賞する時のポイントになります。

>>続き『【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱④』

【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱②

目次はこちら>>

通常習字のお稽古をしている時に

紙にこだわる人はどれくらいいるでしょうか。

大半の人は「書ければ良い」というくらいの認識ではないかと思います。

でもこだわるとそれはそれはこだわってしまうところでもあります。

そもそも半紙というのは、

江戸時代に使われていた公用紙を半分に切った大きさなので

「半紙」なんですが、

公用紙のほうが廃れてしまったので何が「半紙」なのか

今となってはよく分からないですよね。

で、しかも「江戸時代の公用紙」ってことで

半紙のサイズは日本独特のものです。

「習字といえば半紙」ってくらい日本では有名なのに

他ではまったく使われないって不思議な話ですよね。

そして、地方によって、半紙のサイズはちょっとずつ違います。

名前だけは確立してあるのに、サイズ曖昧って何ー!

って感じです。日本人らしいとも思います。

その他の紙の大きさも、実はかなり種類が多いです。

そして大きさだけではなく、質もかなり種類が多いです。

今回は大きさについては半紙に特化して紙の質について書いていこうと思います。

紙については見た目で分かりやすいので

鑑賞という観点とはまた違ってしまいますが

書について考える一つの切り口としてみていただけたらと思います。

安い半紙を買ったとき、

わりと薄くて、つるつるしていませんか。

そして意外と水をはじくことに気が付くと思います。

仮名用の半紙や料紙はまたちょっと違うのですが、

濃墨で書く時の良い紙、と言われるものは、

筆の先にとっかかりがある紙である場合が多いです。

それは、後で出てきますが書において線質がとても大切だからです。

強い線と太い線は違います。

強い線と速い線も違います。

強い線というのは、太さに関係なくキリッとした線を言います。

例えば光明皇后の楽毅論みたいな感じです。

紙の上をひっかくようにガリガリ書いて見えます。

サラッとしてつるつるした紙では

紙の上をひっかくような強い線はなかなか引けません。

もちろん全く書けないというわけではありませんが

もし初めて強い線を引こうとする場合には

強い線の概念を理解することがとても難しくなると感じます。

強い線は筆先に力を入れて書きます。

軸を持って書きながらも、意識は筆先にある感覚です。

筆の先に力を入れるとき、紙に対して筆先に圧力をかけます。

筆先1㎝しか紙についていなくても、左手を使わなければ下敷きが動いてしまうくらい

筆には力が入ります。

力を入れるために、紙はとても大切な役割を果たします。

ただ、紙の質はけっこう好みもあるんですよね。

これは、サラッとした墨が好きかドロッとした濃墨が好きかで違います。

要するに、墨が紙にどれくらい吸い取られるかという点です。

例えばドロッとした濃墨をめちゃくちゃ墨を吸う半紙で書こうとしたら、

ちょっと線を引いただけでカッサカサになっちゃいますよね?

カッサカサが好きとか、そういう効果を狙っているのならそれもアリでしょうが

普段練習するにはそれはちょっとやりづらいと思うんです。

だから、好きな墨と紙の組み合わせを自分なりに試してみるのをお勧めします。

組み合わせによっては滲みたい放題で全然うまくいかないこともあるでしょうし

逆に思いがけず好みの組み合わせが見つかるかもしれません。

値段が高けりゃいいってわけでもないと思いますが

高いには高いなりの理由があるな、とも思います。(私見です)

>>続き『【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱③』

【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱

目次はこちら>>

空間芸術

上田桑鳩「書道鑑賞入門」では

「書は平面的な紙や絹に書かれていますが、

 それでもやはり空間を占めているのですから、

 空間芸術に属することになります。」(P.11)

とあります。

空間、というのは立体だけでなく平面にも言えることだ、という趣旨ですが

書は紙に書くだけでなく、石に掘ったり、壷や花瓶に書いたりと

意外と立体である場合もあります。

紙にしても、そうでなくても

与えられた(自分で決めた)二次元、三次元の空間の中で

いかに書くか、ということが重要です。

例えば白い半紙を用意して、

太い線で黒々と紙一杯に書くのと、

細い線で薄墨を使って滲みをきかせた作品にするのでは

空間の使い方が全く違います。

それと同時に印象も全く変わってきます。

あるいは、例えば細く鋭い切ったような線で紙に長い線を引いただけで

その半紙が実物よりも大きく見えることがあります。

空間をうまく使った例です。

だまし絵などでよくある

同じ長さの線が長く見えたり短く見えたりするように、

空間の使い方によって作品は大きくも小さくもなります。

作品の持つ大きさは、空間の使い方によるところが大きいと思われます。

そして、作品の持つ大きさは、小さいより大き方が良い場合が多いです。

作品を鑑賞する場合、

たった一つの作品ではなくて、二つ以上の作品が並んで展示してある時、

その紙の大きさが同じだったら、作品から受ける印象が

二つ同じ大きさかどうか、考えてみてください。

そうすると、同じ紙に書いたものであっても

空間の取り方によって大きくも小さくも見えることが

きっと見えてくるはずです。

>>続き『【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱②』

【書の鑑賞】文字ってなんだ

目次はこちら>>

文字というもの

日本の小学校で書写の教育を受けた方は、

「上手に書かなければならない」

「正確に書かなければならない」

という、一種の呪いみたいなものにかかっている場合があります。

そのために、どこかで字を書くときに

妙に緊張してしまったり、劣等感を抱いてしまうことがあります。

正しい文字についてはこちらで言及したので省略しますが、

文字の最も重要な存在意義は、

「時間的、空間的な懸隔のある人(または神)に何かを伝えること」

であると思います。つまり伝達手段です。

(「または神」と付け加えたのはそもそも漢字が甲骨文字だった時

 骨に文字を刻んで焼き、神に対して吉凶を占っていたのが始まりだったからです。)

というわけで、文字が文字である以上、読み手が読めることが大前提で、

その上での自己表現だと私は考えています。

芸術として文字をとらえる場合は、文字は文字として成立させたうえで

それをどう伝えたいのか、どう表現したいのか、が大切です。

難しいことではないのです。

大きく書くか、小さく書くか、

太く書くか、細く書くか、

丸く書くか、四角く書くかだけでも印象は変わります。

漢字は、ほかの文字と違って一つの文字でも意味があります。

どういう風に書きたいのか、表現したいのかが楽しいところです。

ただし、書写の場合は決められた書き方が定められている場合が多いことと、

国語科の中に入っていることで「読みやすさ」を重視している点が

芸術科との大きく違う点です。

そこで最初の「正しくなければ。。。」になるわけですね。

「正しくなければいけない」という教えの大切な点は、

正しく文字として成立していなければ

伝達手段という文字の存在意義を失ってしまうところにあります。

ですから、相手に読んでもらうために正しく文字を書く、ということは

書写であろうが書道であろうが関係なく大切です。

書が文字を使って書いている以上、

文字として成立しているということはとても大切だと思います。

>>続き『【書の鑑賞】紙の白と墨の黒、そして印影の朱』