『制作は発見也ー瀧井孝作先生と書ー』独立書人団(1973(昭和48)年9月)

※クリックすると大きくなります
※クリックすると大きくなります

家にあったものなので、

澤田の蔵書印が捺してありますが気にしないでください。

実は中身も結構瀧井先生の言葉に赤えんぴつで線が引いてあります。

特に気に入ったところだったのかなと思います。

この対談は小池邦夫先生と小木太法先生とが企画してくださったものです。

この話が最初にあったのは、

1971(昭和46)年2月20日で、

小池先生が持田の家に来て大暁に企画を持ちかけて下さいました。

※クリックすると大きくなります

そして実現したのがその年の7月8日。

赤坂の山の茶屋というところだったそうです。

大暁の記録によれば、

「家の周囲は樹木が生い茂り、山へ来た感じがする。」

と書いてありました。

瀧井孝作先生とは1965(昭和40)年森田子龍先生の御紹介にて

お会いして以来のお付き合いで、

上京するたびにご挨拶に伺ったり、

碧梧桐の話や作品の写真をみせたりして

滝井先生には「息子の様に思う」と仰って頂いていたということです。

(この件は龍眠会特集の『墨美』159号(1966(昭和41)年6月)にも載せています)

.

この冊子は全部で10ページ程の薄いものですが

中身はとても濃く、そしてなにより参加している三人が皆楽しそうなのが印象的です。

話は漢時代の石碑のことから始まり、

碧梧桐について、また顔真卿についてや副島蒼海、志賀直哉など

皆の思いつくままに多岐にわたります。

こういう話ができる仲間と自分の考えを話して議論することは

それ自体楽しいことですよね。大暁も

「心の通った相手だけに、話は自然に進む…

 和やかな晩餐だった。瀧井先生と二時間程話し合った」

と書き残しており、楽しい会であったことが伺えます。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

龍眠会特集の『墨美』159号(1966(昭和41)年6月)

愛媛新聞『碧梧桐座談会』(1967(昭和42)年4月30日)

瀧井孝作『俳人仲間』(1973(昭和48)年10月)

県展座談会(愛媛新聞1967(昭和42)年5月4日)

県展の15周年を記念して行われた『県展座談会』の様子です。

参加したのは、

小泉政孝氏、古茂田次男氏、石井南放氏、富野慎一氏と、沢田大暁です。

ここでは誰がどの部分について話したのかが全く載っていないので

大暁の考えがどれなのかというのははっきりとは分かりません。

ただ、三段目の六行目からの部分

『が、芸術の世界には本来アマもプロもない。

 楽しんで描く姿勢こそ大事。賞を目的とせず、

 たくさんの作品の中で自分の作品がどういった位置にあるのか―――

 そうした意味で思い切り前衛的な作品を出品する作家が書道部門などには多い。』

というあたりの意見は、

なんとなく大暁っぽいような感じがします。(個人の意見です)

.

あとこの時点で美術館が無いという事実に驚きました。

現在の美術館南館が出来る前は県民館で県展の展示をしていたんですね。

というか県民館を覚えている方がどれだけおられるか…

今の美術館新館があったあたりに昔建っていたなんか丸っこい建物です。

(すごくあいまいな記憶ですがなんか丸かった印象でした)

中には郷土美術館もありましたよね。

.

愛媛県の県展は、愛媛新聞社主催の愛媛アンデパンダン展を

引き継いだのが始まり、とあります。

もともとアンデパンダン展(出品した人が全員無審査で展示される)

というものが先にあったのだと分かり、

芸術を自由に楽しんで欲しいという主催者の意図が伝わりますし、

そこから現在に至るまで脈々とアンデパンダン方式が引き継がれていることは

自由に自分の世界を表現するうえでとても大切なことだと思います。

「審査員の目を意識する」ということは

良い時もありますし、そちらにばかり気を取られて

自分の世界を蔑ろにしてしまう危険性も孕んでいる気がします。

単純に「観客の目を意識する」だけの自由な表現を楽しむ機会というものは、

芸術として内面を表現するうえで必要なことだと思いました。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

『澤田大暁の足跡』追記について

『澤田大暁の足跡』ページでは

時々上に〇をつけたように追記をしていることがあります。

後になって資料が見つかったり、

書いていたことに修正があったりする時に追記しています。

.

なるべく分かるように後ろに書いていたのですが

もしかして分かりにくかったかもしれないので

改めてここで追記について記事としてあげました。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

川之江高等学校正門

※クリックすると大きくなります

こちらは愛媛県立川之江高校です。

商店街からわりと近いところに学校がありました。

※クリックすると大きくなります

じわっと近寄ってみます。

うーん、まだよく分かりませんね。

※クリックすると大きくなります

思いっきり近くによって撮影しました。

分かりますでしょうか、この文字が…!!

.

石に浮き彫りで書かれてある正門でした。

よーく見ると、確かに大暁の文字です。

見えやすいとは言えませんが、

「愛」の右払いや「学」のはねの部分などは大暁の特徴が見えると思います。

.

ところで筆文字の場合は特に、横書きで書くのが難しいです。

それはそもそも漢字もひらがなも縦書きだったため

縦書きに適応した形をしていることが原因です。

普通に書くだけでも難しいのに、

「良い感じに味を出しつつ」

「上品で」

「教育現場にふさわしい」

「筆文字」

「横書きで書く」

という至難の業!!

いやこれほんと想像しているより数倍難しいと思いますよ。

やったことないけど笑

自分の好きに書けばいいってわけじゃないのは

キツい面があるんじゃないかと思います。

商業書家のみなさんは大変なご苦労があることだろう、と

なぜかそんなところにまで思いを馳せてしまいました。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

松山大学御幸キャンパス(1985(昭和60)年)

※クリックすると大きくなります

松山大学は、キャンパスの北側にグラウンドやテニスコート、体育館があります。

来年が100周年ということで、最近クラブハウスが移転してきて

とてもきれいに整備されています。

プールや体育館のある御幸キャンパスの入り口にある石碑を

大暁が書いています。

※クリックすると大きくなります

毎日松山大学の職員さんがこの芝生をお掃除してくださっているので

とてもきれいでした。

大暁の作品の中ではわりと最近のものです。

とはいえもう37年経ちます。(そう見えないくらい綺麗ですよね!)

松山大学の正門(1965(昭和40)年6月)のところでも書きましたが

大暁は『松山商科大学』という名称だった頃から

松山大学の正門の文字を書いてきました。

『松山商科大学』という名前がスタートしたのが1949(昭和24)年です。

この時、大暁はまだ愛媛大学で助教授をしていた時代ですので、

おそらくはそこで、同じく大学教授だった田中忠夫先生と

繋がったのではないかと私個人としては想像しています。

ただ実際どうだったのかについては調べる術がない状況です。

そもそも田中忠夫先生は1947(昭和22)年占領政策の教員適格条項に触れ

当時の松山経済専門学校(現:松山大学)校長を辞任しているので

正門の依頼をするような時期に松山大学と関わりあったのかどうか、

その辺も分かりません。

ただ、その後また松山商科大学教授として復活しているところを見ると、

やはり大暁が愛媛師範学校女子部(現:愛媛大学)の助教授をしていた頃に

どこかで知り合って、依頼したのではないかと思うのです。

.

それから、1950(昭和25)年に愛媛大学を退職した後も、

松山大学とも、田中忠夫先生とも長いお付き合いになったのですから、

人との出会いというのは不思議なものですよね。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

松山大学『三恩人』の胸像(1963(昭和38)年8月)

松山大学の正門(1965(昭和40)年6月)

澤田大暁著 句集『汲淦』(1983(昭和58)年5月20日)

※クリックすると大きくなります

競書雑誌『習字』を購読されている方にはお馴染みの

澤田大暁句集『汲淦』です。

私はながらく「きゅうきん」と呼んでいましたが

淦に「キン」という読みは無いみたいです。

(「コン」か「カン」ならあるようです)

この本のタイトルは『淦(あか)を汲(く)む』という訓読だったのでは、

と今は思っています。

わが身の勉強の足らなさぶりが恥ずかしいです。

※クリックすると大きくなります

この写真もお馴染みですよね。

記録によれば、この写真は佐伯先生が撮影して下さったようです。

撮り直ししたり、白黒の写真を指定したり

けっこうこだわって撮ったようです。

.

この本をお持ちの方はご存知でしょうが

本を開くと突然小池邦夫先生のお手紙が目に飛び込みます。

※クリックすると大きくなります
※クリックすると大きくなります

表と裏とにまたがって書かれてあります。

これは、そもそもは瀧井孝作先生に序文をお願いしていて、

ご自宅まで伺って依頼をしていたのですが、

先生の体調がお悪くて実現できなかったという経緯があります。

(瀧井先生は翌年1984(昭和59)年にお亡くなりになっています。)

びっくりする表紙の裏ですが、

逆に「なんだなんだ??」って読みたくなりますよね。

※クリックすると大きくなります

そして本文のすぐ前に、上の一文が書かれてあります。

私の祖母である輝子は

私が生まれるよりも前、というか

両親が結婚するよりも前に亡くなりました。

1978(昭和53)年のことです。

そのため私自身は会ったことがありません。

記録の中に出てくる祖母はとても働き者で、

家事だけでなく大暁の仕事も手伝ったり、

趣味のコーラスに勤しんだり、

友達と旅行に行ったり、

3人の子どもたちについて大暁と相談したり、心配したり、

大暁の視点から見た妻はいつも生き生きしています。

この句集にはそんな妻をはじめ、

家族のことも沢山書かれてあって、

なんだか日常を垣間見るような感じがします。

※クリックすると大きくなります

どこを例として載せようかな、と思った挙句

せっかくなので私が載っているところにしてみました。

.

最後に、小池先生が代筆して下さった瀧井先生の批評と、

大暁のあとがきが並んでいます。

※クリックすると大きくなります
※クリックすると大きくなります

瀧井先生の言葉が優しくて暖かくてなんだか泣けます。

あとがきからも分かるように、大暁は1962(昭和37)年から日記を書いています。

そのお陰で今、私がその日記を追うことができます。

何の因果か、私も一昨年から日記を書いていて、

書くこと、残すことの大切さを実感しています。

.

余談ですが、おまけとして奥付を。

※クリックすると大きくなります

発行日が、5月20日です。

5月20日といえば、大暁の誕生日です。

思い入れのある本だったということが、

こんなところにも隠されていますね。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

『河東碧梧桐 ―俳句と書―』(1982(昭和57)年1月) 

西条高校蔵『緑葵昌』扁額(1965(昭和40)年3月)

※クリックすると大きくなります

先日、西条高校に収蔵されている扁額をみせていただきました。

受付で検温して、リストに名前を書いて、

初めての高校にこんな感じで入ることができて、少し緊張しました。

※クリックすると大きくなります

お目当てはこちらの扁額です。

額の色と作品とがよく似合っていますよね。

淡墨を使って明るさを出しながら

かといってところどころにある直線によって

作品が軽くなりすぎない印象になっています。

こちらの作品は、1965(昭和40)年に当時の西島校長先生に依頼されて

道場に飾るために、と贈った作品だそうですが

現在は道場ではなく学校内に保存してくださっているようです。

名前が大きいのは道場で遠くから観るためだったのかな、と

なんとなく想像しました。

※クリックすると大きくなります

この方が第15代校長の西島先生です。

この翌年西条高校表大看板(1966(昭和41)年10月)を依頼されているので

西島先生とはお付き合いがあったのかもしれません。

大暁自身愛媛師範学校を卒業していることから

学校の先生方は学生時代に繋がりのあった同級生や先輩、後輩が多かったようです。

昭和初期までの師範学校というのは、

学費がかからないだけでなく生活が保障された全寮制の学校だったので、

四六時中一緒にいた、いわば「同じ釜の飯を食った」仲間が

県内にたくさんいたのかなと想像しています。

しかし今となっては大暁と西島先生がどのような繋がりだったのか

調べる術もなく残念に思います。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

西条高校表大看板(1966(昭和41)年10月)

愛媛新聞『碧梧桐座談会』(1967(昭和42)年4月30日)

※クリックすると大きくなります

瀧井孝作先生が愛媛にこられた時、

『太陽』10月号-No.52(1967(昭和42)年9月)

の随筆を書かれたことはすでにご紹介しました。

実はこの時途中で愛媛新聞社に寄り、

対談をしていました。

この年、河東碧梧桐の展覧会を開くということで、

碧梧桐の弟子だった瀧井孝作先生と、碧梧桐研究をしていた大暁と、

俳人の阿部里雪さん、愛媛新聞社の高橋士さんの4人で対談をしています。

.

碧梧桐が欧州旅行でミケランジェロの未完成に影響を受けた話をしていますが、

大暁自身もこの数年後欧州旅行へ行って欧州の美術に影響を受け、

興味を持っていろいろ本を読んだり美術史を調べたりスライドにまとめたりしていました。

大暁の欧州旅行については実は別で日記を書いていたようなのですが

大変残念なことにその日記が現在行方不明です。

あるのは日程表や渡航メンバーの名簿と、渡航前後の日記のみです。

あ、あとパリで行った席書(いや、どちらかというとパフォーマンス?)の写真はありますので、

これらをまたご紹介したいと思っています。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

秋田忠俊著『愛媛の文学散歩』(1967(昭和42)年4月)

※クリックすると大きくなります

秋田忠俊著『愛媛の文学散歩』です。

この本はもともと愛媛新聞の中の記事で、

第1回の記事はこんな感じでした。

※クリックすると大きくなります
昭和42年4月8日

見ての通り、フォントを使ったロゴを使用していました。

それが!

第3回からはこちらになりました!

※クリックすると大きくなります
昭和42年4月22日

なぜか図書館のマイクロフィルムをコピーしたら反転してしまいましたが、

ロゴが筆文字に変わっているのがお分かりでしょうか。

この文字を大暁が書いています。

早速この日には富田道徳氏から題字が良かったと電話を頂いたようです。

たしかに、フォントが筆文字になっただけで

なんだか格調高くなったような感じがしますよね。

.

また、その3年後の1970(昭和45)年の10月6日、

秋田氏からこの本を贈呈していただいたそうです。(このページ一番上の画像)

『すっぱりした装幀であるし、表紙の文字も引立って良い』

と書いてありました。

違う文字を新たに書いたようですよね。

シンプルで良いですね。

この続きの、背景が写真のものも良いと思います。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

愛光学園二期生『にぎわい』リレーマラソン(1986(昭和61)年10月)、(『習字』1986(昭和61)年12月号)

※クリックすると大きくなります

こちらは愛光学園の校報誌『インテルノス』創刊号です。

愛光学園ができた当初は、当然ですが同窓会がなく、

有志が集まって飲み会をするというだけだったようです。

1984(昭和59)年8月、

京都府の天橋立で二期生の大規模な同窓会が開催され、

大暁も招待されて白石教頭先生(当時)と、松山に住む二期生数名と共に

松山観光港から船に乗って同窓会に出かけました。

.

観光港から大阪までの間も夜中まで大部屋でお酒を飲みながら尽きない話をして、

大阪からは同窓生の迎えの車に乗り込んでみんなで天橋立に向かい、

その日の夜、全国各地から到着した同窓生たちと一緒になって

楽しい夜を過ごしたそうです。

そこで、二期生たち、自称「にぎ(二期)わい会」メンバーで

松山から東京まで週末リレーでつなぎ、

各地にいる同窓生たちに声をかけてリレーの選手交代のポイントごとに

その近くにいる同窓生たちと集まって飲み会を開く、という

企画を立てたのだそうです。

(40歳越えてからこんなに走りまくる企画を立てるアイデアがすごいです)

で、そうやって同窓会名簿を作ったとかいう話だそうです。

.

この様子は愛媛新聞にもとりあげられていましたのでご紹介します。

まずは出発前から↓

※クリックすると大きくなります

で、どうしてこの大暁の足跡コーナーにこの話題がでているのかと申しますと…

見えますでしょうか、新聞紙上のこの車の文字が。

そう、「にぎわい」の文字を大暁が書いているわけです。

伴走車にも、揃いのTシャツにも染め抜かれ、

たすき代わりの鉢巻きの文字は手書きで書かれていたそうです。

(はちまきと伴走車について愛光学園に問い合わせましたが

 今はもう無いということでした。残念です…)

.

出発式にも大暁は参加して、俳句を詠んでいます。

※クリックすると大きくなります

こちらは『習字』誌昭和61年12月号(P.19)です。

.

そして八か月後、約1000キロを走破して東京でゴールしました。

※クリックすると大きくなります
愛媛新聞(1987(昭和62)年6月4日)

こちらの記事には『澤田大暁さん直筆の鉢巻き』と

書かれてありますね。

そしてこの後の1987(昭和62)年6月18日には愛媛新聞内で特集が組まれていました。

※クリックすると大きくなります
ちなみに、写真中央上の田中先生の墓石銘も大暁が書いています。(写ってないですが)

すごい熱量が伝わってきますよね。

この記事の中にも大暁が『にぎわい』と揮毫した事が書かれてありますし、

Tシャツをみなさんが着てくださっているので

大暁の『にぎわい』の文字もたくさん写っています。

そしてこの写真の一番上の段の左端、よーく見て下さい。

※クリックしても元が小さいので大きくはなりません

こんなところにいます。

ちゃっかり写ってます。

めちゃくちゃ嬉しそうなのが良い写真ですよね。

この件については愛光学園40周年記念誌、50周年記念誌にも掲載されました。

※クリックすると大きくなります
※クリックすると大きくなります

これだけのことをやってのけた人たちと一緒になって何かをするというのは

きっと楽しかったし誇らしかったと思います。

この記事を探す作業しかしていない私でさえ、とても楽しかったです。

ご協力いただいた愛光学園同窓会に感謝致します。

沢田大暁の足跡一覧にもどる

競書雑誌「習字」まとめに戻る

愛光学園生誕地の石碑(1978(昭和53)年3月)

愛光学園内『日野荘氏 顕彰碑』(昭和53年3月)

愛光学園正門